グリーンスムージーはじめの一歩TOP > Infomation > 妊娠中の栄養補給に

妊婦さんの栄養補給にグリーンスムージーってどうなの!?

基本的には大丈夫なはず。心配ならお医者さんに相談を。

妊婦とスムージー

妊娠をしている時にはお腹の中の子供に気を使わなければいけないため、特に食べ物には注意しなければいけませんが、 栄養補給にグリーンスムージーを飲んでみたいと考えている方も多いと思います。

妊娠中は便秘になったり、お肌のトラブルも増えるのでその対策としてグリーンスムージーを飲むのはなんだかよさそうですし。

ただ、グリーンスムージーを飲むことで、お腹の赤ちゃんに何らかの影響を与えてしまうのであれば話は別です。 実際のところグリーンスムージーを妊娠中に飲んでも大丈夫なのか?調べてみました。

結論からいうと、グリーンスムージーが赤ちゃんにとって良いのか悪いのか一概にはいえないということです。 基本的には食品なので問題ないという意見が多いですが、一応お医者さんには相談したほうがよさそうです。

本当に飲むとまずい影響がでるようであればすぐに厚生労働省あたりから勧告がでるでしょうし、お医者さんのほうからも 情報発信があると思うのですが、今のところそうした話はないし、スムージーを飲んでいる妊婦さんにトラブルが起こった という話もないのでおそらく問題はないと思います。

一番安全な方法としては、医師と相談して、どのようなレシピであれば問題ないのか確認を取ることです。 その食材を単体で食べても赤ちゃんに何の影響も与えないならば、それをグリーンスムージーの材料として使っても問題はありません。

ただし、過剰に特定の栄養を摂取すると、それが赤ちゃんに負担を与える可能性はあります。そのため、きちんと材料をチェックして 最終的にどのような栄養素がどれくらい含まれているのか確認しましょう。栄養素が偏ることのないバランスのよいレシピを考えましょう。

妊娠中の栄養補給におすすめのグリーンスムージーレシピ

ビタミンA、ビタミンD、葉酸、カルシウム、鉄。

グリーンスムージーレシピ

お腹の赤ちゃんをすくすくと育てるために、妊婦さんは多くの栄養を摂取する必要があるのはご存じのとおり。 毎食のおかずや間食にグリーンスムージーを飲むのは全然アリだと思います。

妊娠中には妊娠してないときに比べて、特にビタミンA、ビタミンD、葉酸、カルシウム、鉄をより多く摂取するようにいわれます。 そのためグリーンスムージーを飲む場合はダイエット目的ではなくて、栄養を補助するために飲むのが基本になります。

妊娠中のおすすめのグリーンスムージーのレシピですが、

・ほうれん草
・きな粉
・パセリ
・キウイ
・豆乳

このあたりをうまく組み合わせると味も妊娠中に欲しい栄養素もまとめて取れるスムージーができあがります。 注意点として、体を冷やすと赤ちゃんの健康を害してしまうため、スムージーは常温で飲むようにしてくださいね。

同じカテゴリーの他の記事もあわせてチェック!

Page top icon