グリーンスムージーはじめの一歩TOP > Q&A > 粉末のスムージーってどう?

今人気の粉末タイプのグリーンスムージーってどうなの?

手軽だけれど、その内容はとってもお粗末

粉末タイプのグリーンスムージー

グリーンスムージーは自分で作る以外にも商品として売られているものを購入して飲むことも可能です。 毎日スムージーを作るのは面倒だとか、ちょっと飽きてしまったときはそうした通販や市販で購入できるものを試したいな?と思った人もいるはずです。

実際、今、粉末タイプのグリーンスムージーが凄く増えています。スムージーが人気なのはもちろんですが、酵素飲料の人気に陰りが見えてきたこともあって、 酵素飲料からグリーンスムージーに乗り換えるメーカーが増えてきているような感じです。

今人気のあるグリーンスムージーを比較してみましょう。

・ミネラル酵素グリーンスムージー
・まるごと野菜美力!新発想の食べるスムージー[Saiby] (サイビー)
・35歳から始める大人のスムージー【アサイーレッドスムージーダイエット-エイジングミックス-】
・満腹美ヤセ!話題のスムージーダイエット【グリーンベリースムージーダイエット】
・プレミアム・スムージー
・お嬢様スムージー
・ベジーデル酵素スムージー

他にあると思いますが、ざっと挙げられるのはこれぐらいです。

粉末タイプのグリーンスムージーは粉末を水に溶かして飲むのですが、なかなか混ざらない商品もあります。 混ざらないものは非常にストレスが溜まります。レビューサイトなどでしっかりチェックしたいところです。

それから紹介した7つのうち6つを飲んだことがありますが、どれもまずかったです。 販売ページにはどこも飲みやすいとか美味しいとかりんご味やミックスフルーツ味、マンゴー味、ラズベリー味 と美味しそうに謳っていますが、所詮、香料と甘味料で味付した人工的な味なのでお菓子みたいな味がします。

グリーンスムージーというのは生の野菜や果物に含まれる豊富なビタミンやミネラル、食物繊維といった栄養素や生きた酵素を摂取するものだと考えると 粉末タイプの食品添加物まみれのスムージーを果たしてスムージーといっていいのか甚だ疑問です。

搾りたてのグリーンスムージー以外は飲む価値なし!

時間が経ったり、手を加えるほど栄養素は失われる。

粉末タイプのグリーンスムージーのメリットを挙げるとすると、

・手軽に飲むことができる
・ミキサーがいらない

ということだと思います。ただ、粉末に加工する段階で大切な栄養素や酵素が失われている可能性がありますし、 人工的な味がすることから添加物まみれで身体に良いどころかむしろ悪いもののような印象を個人的には持っています。

というわけで、今すごく売れているようなんですが、栄養価的にみて粉末のグリーンスムージーは大したことがないというのが私の見解になります。

冷凍パックになっているスムージーを解凍して使うタイプのものは、撹拌したものをすぐに冷凍してパックにしているのであれば、 多少は栄養素も含まれているような気がしますが、ただ、そういうスムージーは高いです。経済的に続きません。

やはりグリーンスムージーというのは搾りたてを飲むというのが一番です。自作している人でもよくありがちなことに 朝作ったスムージーを水筒に入れて出先で飲むということをやっている人がいるんですが、これも意味がないです。

というのも時間が経つほどスムージーは空気と触れて酸化していくわけですが、この酸化を防ぐためにスムージーに 含まれているビタミンCやリコピン、ポリフェノールといった身体にいい抗酸化成分が酸化を防ぐために使われてしまうからです。

ようするに時間が経ったスムージーは抗酸化成分が失われてしまっているので、それを飲んでも身体にも肌にもプラスにならないってことです。

だからスムージーを飲むのであれば鮮度の高い野菜や果物を使って、搾りたてを飲むというのが一番なわけです。 冷凍したり、粉末にしたり手を加えてあるもの、時間が経っているものは栄養素が失われているケースが多いので、飲んでも効果がないことがほとんどだということは覚えておきましょう。

同じカテゴリーの他の記事もあわせてチェック!

Page top icon